水素水の高濃度は正しい?

 

水素水が非常に身体に健康的というイメージは段々と高まっているものの、ここに大事なのは、水素水の濃度と言うことになります。ちょっと水素が入っていても、水素水と堂々と呼んでいる商品も中にはあるのかもしれないですよね。

 

まず、濃度を理解してもらうために使用するものがPPMパーツパーミリオンです。汚染水の中の有害物質の量を表示するためにもこのPPMが使われます。PPMは1Lの中の1mgのことを意味しています。

 

PPMでなく、注意して見ていると、PPBと書かれている場合もあり、PPBの場合、10億分の1になります。濃度を多く見せる姑息な手段のために、 PPBを使用しているケースもあるかもしれないですから注意も必要です。

 

水素水に関して言えば、1.0PPMから1.6PPM程度という濃度が一般的と言われています。

 

実際に、それ以上を積極的に水素水のコマーシャルで謳っている場合もあるようですが、実際に、私達が水素水を飲む場合に、そのままの濃度を飲んでいることにはならないケースもあるということを理解するべきなのではないでしょうか・・・。

 

実際に、瞬間的には、その濃度を水素水は維持していたのかもしれませんが、時間がたつと瞬間的に水素は抜けて行ってしまうものなのです。

 

1.6PPMクラスの水素水の方が、飲むのと水素水が抜けるのがどちらが早いと言う程、スピーディーに水素は抜けて行ってしまうのです。だから、高濃度でもそれ程意味がなかったりもします。 高濃度という広告に注意がちょっと必要です。

 

関連ページ

水素水はダイエットに有効的?
水素水はダイエットに有効的なのか回答します。
水素水サーバーとウォーターサーバーの違い
水素水サーバーとウォーターサーバーの違いについて説明します。
飲む以外の水素水の使い方
飲む以外の水素水の使い方について説明します。
水素水で便秘解消が出来るのか?
水素水で便秘解消を出来るのか説明します。