水素水サーバー「SOMA」

 

水素水サーバー「SOMA」も魅力のポータブルタイプの水素水サーバーです。

 

テレビでも話題な水素水サーバーです。購入価格(初期費用)は98000円。ランニングコストは、 3490円(1回/6ヶ月:塩素除去剤ビタセラ交換)。

 

水素水サーバー「SOMA」の魅力と言えば、すぐに高濃度の水素水を作ることが出来ることです。スタンダード・ハイパワーモードという二段階スイッチがあります。ハイパワーモードにすれば、7分間で522ppbの高濃度水素水が作ることが出来ます。

 

注目は、塩素除去剤ビタセラです。塩素除去剤ビタセラとは、塩素を除去しながらも、ビタミンC の補給を行うセラミック剤のことを言います。

 

水素水サーバー「SOMA」の水素水は少々レモン水のような味だと言われる方が多いのですが、そのレモン水の味を作りだしているのも、 塩素除去剤「ビタセラ」のお陰なのです。

 

とても手入れの簡単ということも魅力の一つです。ボタン一つで、たった一分でクリーニング出来てしまうという機能がついています。

 

水素水サーバー「SOMA」の場合、ただし、ジュースといったものを水素水飲料にすることは出来ません。使用温度は、0℃〜40℃と言うことで、ホットにも使用不可能です。

 

水素水サーバー「SOMA」は、水素生成器と比較して、 酸化還元電位が弱いと言うこともこの商品の若干のデメリットになるかもしれません。

 

最新の詳しい情報をチェックする

 

 

関連ページ

H2バルブサーバー
高濃度水素水サーバーH2バブルサーバーを説明します。
水素水生成器「Labriller(ラブリエ)」
水素水生成器Labriller(ラブリエ)を説明します。
水素水サーバー「ポケット」
水素水サーバーポケットを説明します。
ドクター水素水「NEU PREMIUM(ノイプレミアム)」
ドクター水素水 NEU PREMIUM(ノイプレミアム)を説明します。
水素水サーバー「アキュエラ・ブルー」
水素水サーバー「アキュエラ・ブルー」を説明します。
水素水サーバー「ルルド」
水素水サーバー「ルルド」を説明します。
携帯用水素水サーバー「My浸透水」
携帯用水素水サーバー「My浸透水」を説明します。
水素水サーバー「アクリファイ」
水素水サーバー「アクリファイ」を説明します。
家庭用水素水サーバー「HU GAURA」
家庭用水素水サーバー「HU GAURA」を説明します。